三重大学伊賀研究拠点      

2014年9月17日

伊賀版情報交流カフェが「ゆめテクノ伊賀」で開催されました

 

 917日(水)午後6時から、ゆめテクノ伊賀のテクノホールにて伊賀地域の活性化を志す方々が参加して第1回「

IGA
地域情報交流カフェ」が開催されました。本カフェは、「ゆめテクノ伊賀」のインキュベーション室に入居して

いる方を対象にIM(インキュベーション マネージャー)が進めてきた内部の情報交流会を伊賀地域内の中小事業者

、創業・起業を志す方々まで交流範囲を拡大した初めての試みでした。

 第1回目は、地域人づくり事業で「地域内デリバリー構築による伊賀地域農産物の集荷・直売・販路の拡大」を進

めておられる()百五経済研究所の山本浩和氏が「物流・流通トライアル事業 〜農林水産業の振興による地域経済

の拡大と雇用の確保〜」で基調講演されました。

 伊賀地域には「おいしい・安心」な農産物が多いにも関わらず、集荷拠点がなく個々の生産量も少ないことから販

路拡大に課題がありました。この事業は、地域内デリバリー機能を構築し、県内・県外への販路拡大も強力に進める

内容です。具体的には、伊賀地域の各種中小事業や起業者らが協力して斬新的な物流システムを立ち上げ、最適化し

集荷から直売の流通時間とコストを削減し、鮮度や価格や販売から安全・安心の分野で知恵を出し合って高付加化に

挑戦、販路拡大と雇用拡大を図る実証実験です。(プロジェクト概念図参照)

 三重大学社会連携研究センター伊賀研究拠点は伊賀地域の発展に貢献するため、このプロジェクトでは「農業生産

技術等の支援」で参加しております。

 山本先生の講演後は、コーヒーを飲みながら普段あまり交流がないもの同士が名刺交換や活発な情報交換を行いま

した。8時終了予定でしたが、交流会は盛り上がり1時間ほど延長して終りました。

 

講演風景


講師の山本先生


地域内デリバリーで中核の中田社長


名刺交換と情報交流風景


プロジェクトの概念図(出展:山本先生のプレゼン)                                         




その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから