三重大学伊賀研究拠点      

2016年4月27日

中高大連携の開始
桜丘中学・高等学校バイオサイエンス部の今年度講座の開校式

久松 眞 伊賀研究拠点副所長
加藤 進 同社会連携特任教授
紀平 征希       同研究員

 427日は表題の開校式と第1回目の講座です。この取り組みはH27年度に次いで2回目です。駒田新学長のもと、三重大学

も新しい選択をしました。ご存じとは思いますが、三重大学はこれまでにも増して「地域と連携し地域に密着した大学を目指

す」所存です。この中には中心となる柱がありますが、“社会の未来を創る高等教育機関”としての「地域貢献」はその重

要な根幹のひとつです。特に、若い人材に、先進的なテーマを設定し、そのテーマに沿った学習体験を通じて自分の人生設計

まで考えられる学生育成が最終目的になります。
 

 H27度はバイオマスエネルギーに焦点を合わせて、バイオエタノール、バイオディーゼル、天然ガス等の学習、実験、施設

見学ならびに産学官セミナーでの発表を実施してきました。今回のテーマは「水素ガスと水素循環社会」です。


ちょっとプログラムを揚げます 

       第1回 4月 開校式と水素の科学(久松)

       第2回 5月 水素生産微生物入門(粟冠)

       第3回 6月 水素生産微生物の単離・同定方法(紀平)

       第4回 7月 燃料電池と水素ガス(加藤)

       第5回 8月 家庭用実用燃料電池システムの紹介・見学(中井)

       第6回 9月 エタノール利用の燃料電池(庄山-三重県窯業研究所)

といった内容です。

1回目は、総論と意義になります。講義の内容は、

  ・バイオエタノール

  ・バイオディーゼルの復習

  ・バイオマス資源からの水素エネルギーの生産システム

  ・水素エネルギーの利用方法

  ・エネルギー密度の紹介(kWh/LkWh/kgなど)

でした。  

講義後に、去年も参加した生徒から「水の電気分解で水素を作るのは電気エネルギーの消費が大きい、燃料電池から取り出せ

るエネルギーと水素製造にかけたエネルギーのバランスが重要と思う」との意見がでました。まさに当を得たコメントです。

   
       
その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから