三重大学伊賀研究拠点      

2016年5月14日

三重県理科・エネルギー教育研究会に参加


加藤 進 社会連携特任教授


 514日(土)は津の中電ビルで「三重県理科・エネルギー教育研究会(座長:平賀伸夫教授)」に参加しました。今

回は、座長からの要請で、“太陽電池とNi-MH(ニッケル水素電池)を使った非常LED灯”という題目で講演を行いまし

た。自然エネルギーを有効利用することは自分の研究テーマでもあります。特に三重県は東南海地震等の大規模災害が近

い将来起こるといわれています。闇から恐怖を取り除く意味でも“灯り”の開発は重要です。
今回の発表のテーマは今

年のエネルギー環境教育学会(札幌)での発表テーマもあります。最近の太陽電池の低価格化と高性能化は目を見張るも

のがあります。


写真1
写真1をみてください。アルミのフレームのあるタイプ(I)12V-5Wで、(II)は実験用のセルで1W-0.5Aです。価格は

I)1500円、(II)700円です。(I)を使うと5Ahのバッテリーを簡単に充電できます。今回は(II)を使った非常

ライトの紹介です。
 写真2を見てください。これは量販店で108円で売って

入るガーデンライトです。このライトは安価ですが、①

暗い、②防水は無しの欠点があります。そこでもっと明

るいように改造しました。基本的な構造はガーデンライ

トと同じで、能力を向上させるために、明るい角型LED

、容量の大きなNi-MH電池と太陽電池を使用しました。

完成品の写真をごらんください。春~夏(晴天)ですと

8001700の充電で、2日間夜間の点灯が可能です。

さて、私の提案する「明るいLED非常灯」ですが、IC

使っていますのでセンサーはありません。つまり、太陽

電池はNi-MH電池への充電とセンサーを兼ねています。

写真2


起電力(EMF)が一定値未満ではLEDが点灯し、EMFが増加すると充電するようになっています。このICがわずか30円とは

驚きです。角型LEDにはICを通じて13.5mAの電流が流れていますので、10時間点灯すると135mAhの電気量を消費します

Ni-MHの容量は1300mAhなので、3日くらいは楽に放電できます。Ni-MHは今はやりのリチウム電池に比べると、安価で

使いやすい利点があります。H27.9月に1号機を作り、動作試験(n=6)をしていますが、9か月たった今も問題なく稼働

しています。したがって、非常用のLEDライトとしては十分利用可能と思われます。また、材料費は800円ですから講習

会等で自作も可能です。読者の中ではNi-MH電池の“過充電”を心配されるかも知れません。重要な指摘です。私は、窓

際に本機をおいて充電しています(これによってトリクル充電に近い状態になる)。そして、2-3週間に1回は戸外で

充電しています。現在は日中は太陽電池で、夜間はNi-MH電池で動作する簡単なラジオを試作して、実証試験中です。い

ずれこの欄で紹介したいと思います。
 

 
その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから