三重大学伊賀研究拠点      

2016年6月13日

忍者研究でテレビ取材がありました

    荒木 利芳 社会連携特任教授 
    加藤 進   社会連携特任教授
      久松 眞  伊賀研究拠点副所長 


6月13日(月)午後1時から6時にかけてプロデューサー1名、ディレクター1名、カメラマン2名の計4名のスタッフが

東京から取材のために伊賀研究拠点に来られました。BS日テレで毎週木曜日午後9時から10時に放送される「解明!

片岡愛之助の歴史捜査」で忍者を取り上げるとのこと。服部半蔵と徳川家康の伊賀越えで歴史捜査が始まり、そもそも

“忍者”ってなんじゃということになったようです。この捜査で三重大学は忍者の研究を学術的に進めていることを入

手、人文学部の山田教授と伊賀研究拠点の荒木・加藤・久松が取材を受けました。約5時間の取材でしたが放映される

のは8分ぐらいとのこと。伊賀の忍者の実像から忍者・忍術の教えを現代に生き抜くために活かすことも今回の放送の

ミッションのようです。この番組の放送は77日の午後9時からです。


火器について取材を受ける荒木特任教授

烽火で取材を受ける加藤特任教授
 
忍者食で取材を受ける久松特任教授
 

 同じような視点で72日から1010日まで日本科学未来館で「The NINJA 忍者ってナンジャ!?」が始まります。三

重大学は特別協力でこの忍者展に協力しています。この展覧会の一部は三重県総合博物館でも開催されます(201610

25日~201719)

  その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから