三重大学伊賀研究拠点      

2016年6月19日

H28年度の理科免許更新講座を開催

     加藤 進    社会連携特任教授
  

 619(日)は、教育学部の松岡教授と表記の講座を開催しました。受講生は12名です。今回のテーマは

  ①光のサイエンスè七色ランタンを作ろう!

  ②何でもスピーカーè電磁石(5年)の教材

  ③ブリッジダイオードè6年生の教材

  ④お馴染みèリードスイッチ独楽

です。
 ①と②は何回もこの欄で紹介しています。今回は③と④につい

て紹介します。皆さん、ダイオードを知っていますね。LEDもダ

イオードの一種です。ダイオードには種類があります。LED,

ョットキーダイオード、シリコンダイオード、ゲルマダイオード

、スイッチングダイオードなどです。写真1には、これらのダイ

オードをまとめてあります。





 
写真1

 
図1
私がこどもの頃は、性能も悪く高価でしたが今は、

性能があがり、安価です。ダイオードは電流を一方

向に流す素子です。逆には流れません。したがって

、この性質をうまく利用したのが整流回路になりま

す。ダイオード1個で簡単な半波整流回路ができます

。ダイオードを図1に示すように4個組み合わせると

、全波整流回路(ダイオードブリッジといいます)

ができます。いろいろと応用がありますが、手回し

発電機と組み合わせるのもその一つです。
 


30
人学級では1名程度、サウスポーがいます。残念ながら手回し発電機は右利き用です。そこで、このダイオードブリ

ッジの登場です。上下の端子に手回し発電機を、左の端子に負荷の+、右の端子に負荷の-をつなぎます。そうすると

、手回し発電機をどちらに回してもLEDが点くようになります。簡単な工作です。ぜひとも挑戦してみてください。


写真2

次は④のリードスイッチ独楽(リーコマ)です。こ

れは神奈川県の石井信也先生のオリジナルです。こ

れを少し、改良しました。全体の写真2をご覧くださ

い。youtubeに動画が出ていますので迫力をご覧くだ

さい。リードスイッチと電磁石の上に独楽を置くと

、爆音を発しながらものすごいスピードで独楽が回

ります。丁寧に作ると10000rpm程度の回転数が出ま

す。この回転の原理は難しくいろいろ四種類の要因

の効果で独楽が回るようです。

リードスイッチは磁石に感応して接点がON-OFFするものです。ここではA型のリードスイッチを使っています。コイル

に並列にLEDとスピーカーが配置されているので、1.5Vの電源ですが、断続的にLEDが点灯します(昇圧作用のためで

す)。これには参加したみなさんもびっくり。かなり、気に入ったようでした。
  

いろいろと松岡先生の名解説もはいりながら、4時に講座を終わりました。参加された先生方ご苦労様でした。



交流手回し発電機の波形

 

ダイオードで半波整流後の波形
 
その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから