三重大学伊賀研究拠点      

2016年6月22日

第3回里山整備

荒木 利芳 社会連携特任教授

 

   第3回里山整備を622日に出後地区の山林で行いました。天気予報では午後からの降水確率は70%でしたので

、雨を覚悟で出かけました。参加者は新たに地元の方が加わり、6名で作業を行いました。山の入り口では大きなブ

ルーのアジサイが迎えてくれました。作業場では前回切り倒した竹や雑木などが、山道をふさいだりしていましたの

で、まず、枝落としや玉切りを行い、数カ所に集めました。その後新たに竹を中心に伐採作業を行い、玉切り、集積

しました。夕方、今にも雨が降りそうでしたが、何とか持ちこたえていたので、作業終了後、昨年整備した勝地の里

山に様子を見に行きました。昨年の秋に植樹したグミの苗木は
2本とも赤い熟した実がなっていましたので、早速採

取し、美味しく味わいました。また、ツバキや花桃などの苗木も順調に育っていましたが、獣害防止用のネットが狭

くなっており、ネットの間から葉がはみ出していましたので、更に支柱を増やして、苗木
6本のネット空間を広げる

作業を行いました。また、昨年掘った池の脇の草むらにオニヤンマのヤゴの抜け殻が4個見つかり、ビオトープの人

工池でトンボのヤゴが無事巣立っていることが分かりました。時間が午後
6時になったころ雨がパラパラと降り出し

ましたので、グミの実をお土産に帰路につきました

 

 

 
 
 
 
 
 

 

   
            その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから