三重大学伊賀研究拠点      

2016年8月1-2日

上野高校理数科1年生夏の科学実習
今年のテーマはストレスと唾液アミラーゼ

紀平 征希 研究員    
          久松 眞  伊賀研究拠点副所長 


 81日と2日,午前9時から午後4時まで「ゆめテクノ伊賀」3Fテクノホールにて,上野高校理数科1年生を対象に,

ストレスと唾液アミラーゼをテーマに実習を行いました。2日間の実習の流れは表のとおりです。

実習内容


1
日目

AM

・忍者学,ストレス,酵素,糖に関する講義
・ヨウ素デンプン反応を利用した実験

PM

・唾液アミラーゼによるデンプンの分解および還
 元糖
の生成(ヨウ素デンプン反応,DNS法)
・まとめ作業


2日目

AM

・ストレスと唾液アミラーゼ活性の関連検証

PM

・まとめ作業

 1日目の午前の講義では久松特任教授より,ここ数年三重大学伊賀研究拠点で取り組んできた「忍者の知恵」を現代

に活かす研究について簡単な説明がありました。忍者食の代表格である砂糖と生薬からなる兵糧丸は、忍び活動で影響

を受ける体調やメンタル、特にストレス対策の携帯食であったとのこと。今回は、現在のストレス社会で強く生きるた

めに、忍者になったつもりでストレスの基礎知識を学ぶ実験をしました。ストレスマーカーにはストレスホルモンのほ

かに唾液のアミラーゼ(消化酵素)も含まれています。精度は欠きますが簡単にできる実験ですので、今回の実習では

いろいろな精神状態における唾液アミラーゼの活性を測定しました。そこで,まず,自分の唾液を採取しデンプンが分

解されることをヨウ素デンプン反応で確認しました。唾液を採取するのにはじめは嫌がったり躊躇したりする生徒もい

ました。ピペットの使い方も慣れない様子がうかがえました。

 1日目の午後は唾液アミラーゼによるデンプンの分解と還元糖(マルトースなど)の生成について,簡易比色計を用

いて数値化していく実験を行いました。午後になると,ピペットの使い方も慣れてきました。

 2日目のテーマはストレスと唾液アミラーゼ活性の関係についてです。具体的には,①平常時の唾液,②ストレスを

かけた後の唾液,③ストレスを緩和する行動をした後にストレスをかけての唾液の3回採取しました。この3回の唾液ア

ミラーゼ活性(=デンプンの分解や還元糖の生成)に違いがあるかどうか検証してみました。また,③のストレスを和

らげる行動として,1) 音楽を聴く,2) 体操をする,3) 笑いの動画を見る,4) アロマの4グループを設けました。ス

トレスをかける方法としては,長い時間,単純な計算問題を解答していくクレぺリン検査で行いました。分析操作は,

1
日目に行ったものとほぼ同じなので,唾液の採取や分注,試薬の添加,簡易比色計の使用などとても慣れた手つきで

,スムーズにすすみました。

 午後は,これまでの実験の結果についてのまとめ作業です。3日後の発表に向けて課題が提示され,それについて班

でディスカッションしていました。


テクノホールにて実験実習の様子

自分の唾液を採取している様子
 
DNS法による還元糖の反応と簡易型比色計
 
クレペリン検査でストレスをかけているところ
 
ストレスを和らげる体操
 
ストレスを和らげる笑いの動画鑑賞

ストレスを和らげる森林浴を模したアロマ 
 
ストレスを和らげる音楽鑑賞
 
伊賀上野ケーブルテレビの取材でストレスが?
 
上野高校会議室での発表会風景
   
  その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから