三重大学伊賀研究拠点      

2016年8月24日

平成28年度第1回森林体験学習会

荒木利芳 社会連携特任教授

  

 平成28824日(月)台風101112号が発生し、当日朝は松阪、津、四日市など沿岸沿いは交通機関がストッ

プするほどの土砂降りで天気が心配されまし
たが、伊賀の方は風はありましたが、快晴で何とか第1回森林体験学習会

を開催す
ることができました。当初は現在整備している出後の森林で開催予定でしたが、 


白樫大木の木陰で集合写真









久松伊賀研究拠点副所長の挨拶









坂上自然観察指導員の森の話





整備の時これまで数回マムシを見ましたので、安全のため近くの

せせらぎ公園で行いました。


午後1時に子供
14名、大人17名、計31名が集まり、まずテント張

りを行い、工作などは大き
な白樫の木の木陰にブルーシートを敷

いてその
上で作業しました。最初に久松副所長の挨拶の後、自然

観察指導員の坂上先生が森の役割や危
険な動物についての話があ

り、最後にクイズ形
式でいろいろな木の紹介がありました。続い

山田先生からは昆虫についての話がありましたが、途中で珍し

いクワガタムシが飛んできまし
たので、それを捕まえて急遽クワ

ガタムシやカ
ブトムシについての気合いの入った話に移るなど自

然の中での学習会らしい風景でした。


 最後に加藤特任教授の指導のもと出後の竹林
で伐採した真竹を

つかって水鉄砲作りをしまし
た。竹筒にピッタリ合うように、布

を心棒に強
く巻しめるのが難しく、皆苦労しながら作っていまし

た。水鉄砲が出来上がると近くを流れる
服部川へ行き、水の掛け

合いです。その後、川
で泳いだり、川の生物を採集して観察しま

した。


 この川には魚が沢山泳いでいるので、子供たち
は網ですくおう

としますが、魚はすばしっこく
てなかなか採れません。それでも

悪戦苦闘のす
え、ヌマエビ、シマヨシノボリやカワムツなどの川

魚が採れました。また、石の下にいたヒ
ゲナガカワトビケラやヘ

ビトンボなどの水生昆
虫も採取することができました。


山田自然観察指導員の昆虫の話

十分に川遊びを堪能した後、帰りに全員で、我々が整備している

出後の山の入り口まで行き、
雑木林の間伐や侵入竹や竹林の伐採

、岡山氏城
跡までの道造りや城跡広場の整備などについて話をし

ました。


 皆さん大分お疲れの様子でしたが、自然の中
での体験学習には

満足の様子でした。皆様本日
はお疲れ様でした。

                    
        加藤特任教授の水鉄砲作り                    水鉄砲と魚とり
                                                                       
                         水鉄砲で発射                        深いところは気をつけて       
                         
                   川の生物の観察          出後の山の入り口での集合写真
その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから