三重大学伊賀研究拠点      

2016年8月28日

豊原地区こども自治会でサイエンス

加藤 進 社会連携特任教授

  

夏休みの終わり、8/28は櫛田地区です。地域センターは 揥水小学校の横にあります。保育園児も含めて26名です。

もちろんお母さんも一緒です。年代が広いので

 ・ハートがいっぱい

 ・CD-コマ

 ・七色ランタンつくり(光のサイエンス)

 ・蔵出しエヤーポール

の4つです。すべてお馴染みのものです。

 CDコマは最近よく作ります。いらなくなったCDにビー玉を心棒にしてコマを作ります。いろいろなコマの模様を着せ

替え人形的に置いていきます。今回は、ベンハムのコマ、大王コマ、揺れるコマ、七色コマでした。同志の伊藤仁氏か

らの情報で、さらに自作の舘式ストロボスコープと組み合わせます。そうすると、コマの模様がとまったり、右に回転

したり、左に回転したりします。これにはドット歓声が上がりました。ストロボスコープは高価ですが、3Wpower 

LED
を使うと5000円で市販品以上の物を自作できます。Power LEDの威力はすごいものです。作りたい方は筆者まで連

絡ください。

蔵出しのAir-poleは知らないですよね!これは15年前に師匠の村田先生から「どんなショボイ講座をやってもこれさ

えやれば皆がワクワク、満足して帰る」という秘密兵器です。写真をみてください。そうなんです。長さが約2m、直径

15cmほどの色の着いた変哲も無いパイプ状のものです。ところがこれを膨らますのは大人でも難しい。

    
        

これにはコツがあります。もっともこのコツがサイエンスです。すなわち、パイプの先に口をつけて空気をいれても送

風できる空気量は高が知れています。ここで登場するのがベルヌーイの法則です。パイプの入り口からちょっと口を離

して、勢いよく風をパイプに送ります。これによって圧力が下がり、周りの空気を巻き込んでパイプに入れることがで

きます。ほとんどのこどもたちはこの方法をマスターしたようです。あとはこれを飛ばすことになります。私もこの材

料は初めてです。でもこどもたちがワクワクしている様子がよくわかりました。少し小雨の日でしたが参加していただ

いたお母さん方どうもありがとうございました。

 
その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから