三重大学伊賀研究拠点      

2016年9月7日

第7回里山整備

荒木 利芳 社会連携特任教授

 97日の第7回里山整備は台風13号の接近で大雨が予想されていましたが、幸い天候に恵まれ、参加者5名のもと、

いつもの出後地区の山林で竹の伐採を中心とした作業を行いました。まず、前回伐採し、片づけずに残っていた竹を玉

切りし、所定の場所に集積しました。その後、侵入竹の伐採と竹林の間伐、ならびにヒノキの間伐をしました。伐採し

たヒノキは皮を剥ぎ、玉切りしました。作業はマムシに注意しながら進めましたが、幸いマムシには遭遇しませんでし

たが、大きなスズメバチが飛んできて、近くを悠悠と飛び回りました。ハチの動きをじっくり観察し、地面の昆虫のよ

うな獲物を足で捕まえようとしたところで動きが鈍くなりましたので、マムシ捕獲用に持っていたヘビ鋏でスズメバチ

をはさみました。これで、スズメバチはマムシに次いで2匹目のヘビ鋏の捕獲物となりました。


侵入竹の伐採

ヘビ鋏で挟んだスズメバチ

竹の玉切り
 
竹の運搬
 
ヒノキの皮剥ぎ
 
 作業終了
                                
 その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから