三重大学伊賀研究拠点      

2016年9月11日

そば「玉の腰」そば花見祭りに行ってきました。

社会連携研究センター 教授 山本 好男

 平成28911日伊賀市玉瀧の川上地区で行われた「そば花見祭り」に行ってきました。谷あいの棚田に小さな白い

花が絨毯を敷きつめたように咲きこぼれていました。


 営農組合の組合長・副組合長さんのお話では、この川上地区では12年前から減反で休耕田になった田を活用し、麦の

裏作としてそばを栽培してきたとのことです。現在、総栽培面積は約4.5ヘクタール、そばは8月に種まきし、今そばの

花が満開、10月末月から11月に収穫できるそうです。また、今年は天候の関係か非常によく育っているので収穫がたの

しみとのことです。が、心配なのはイノシシによる被害と声を揃えておっしゃっていました。

なお、玉瀧地区は獣害・獣害対策で関わりのある地域です。そばの収穫に被害の出ないことをお祈りします。

   
  その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから