三重大学伊賀研究拠点      

2016年10月22日

第9回里山整備

荒木 利芳 社会連携特任教授

 

 第9回里山整備は6名の参加のもと作業が行われた。最初に山主さんのお一人が見学に来られたので、これまで整備

した東側の雑木林や竹林ならびに岡山氏城跡などを案内した。また、本日からはこれまで行ってきた東側の雑木林から

西の方へ約
500m離れた雑木林の手入れを行うことにした。この場所は手前に荒れ放題の畑の跡があり、その上隣には雑

木林と侵入竹ならびに竹林があるので、二手に分かれて作業した。畑跡の方は灌木や侵入竹を伐採すると共に覆ってい

た倒竹を玉切りし片隅に集積した。雑木林の方はナラ枯れした大きなナラやカシを伐採したり、侵入竹を伐採して玉切

りし、数カ所に集積した。雑木林の方は割と大きなスギやヒノキもあるので、間伐し、枝打ちなどを行い、付加価値の

ある木を育てていくことにした。


侵入竹や倒木竹


竹の伐採・片付け


片付け

 

竹の伐採


 
 作業終了
                                
 その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから