三重大学伊賀研究拠点      

2016年10月31日

第10回里山整備

荒木 利芳 社会連携特任教授

 

第10回里山整備は7名が参加し、二手に分かれて作業を行った。ヒノキ林の方は間伐と枝打ちを行い、伐採した木は皮

を剥いで玉切りし、マルタピアへ運んだ。畑跡は侵入竹や雑木の伐採ならびに沢山の倒竹の玉切りと片付けを行い、隣

接する雑木林は侵入竹の伐採、玉切り、集積を行った。


 この畑跡の中程には湧き水が流れている小川があり、また湿った場所もあるので、今後この土地にあった野菜などを

植えていく予定である。この
2回の整備で、写真のように畑跡は侵入竹や雑木、倒竹などが片付きすっきりとした広場に

なった。

 


参加者

枝打ち


雑木の間伐と玉切り

 

竹の玉切り


竹の集積
 
 整備後
                                
 その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから