三重大学伊賀研究拠点      

2017年1月26日

第16回里山整備

荒木 利芳 社会連携特任教授

 

   

 16回里山整備は126日に8名が参加し、出後の中野の森の東側の雑木林と西側の竹林の整備を行った。森林体験学

習会で菌打ちを行う雑木林の広場はこれまで雑木の伐採を行い、適当な長さに切断してホダ木を準備してきたが、そこにナラ

枯れした大きなクヌギが有り、さらに幹にはツルが巻き付いて上の方まで伸び、上部の枝から垂れ下がっていた。これらツル

や枝が落ちると危険なので、この大木を切り倒した。伐採した侵入竹を切断・集積し、広場を整備した。その後、西側にある竹

林に移動し、山の斜面に広がっている竹を伐採し、切断・集積した。当初は密集した竹林で沢山の枯竹も見られたが、伐採し

た後は見晴らしも良くなり、日も良く入るようになった。

 

 

 
 

大木の伐採
 

伐採された大木
 

ホダ木と広場の整備
 

竹の伐採と切断
 

伐採竹の集積
 

参加者
   
            その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから