三重大学伊賀研究拠点      

2017年2月14日

中瀬小学校に出前授業です

加藤 進       社会連携特任教授
 紀平 征希     研究員 

                                       

 214日(火)は初めて中瀬小学校に行きました。出前のテー

マは「電磁石入門」です。したがってクラスは5年生(15人)でし

た。今回も授業の“つかみ”の部分は、担任の先生に椅子にあが

ってもらい、男子生徒を吊り上げてもらいました。みごとに吊り

上りました。さて、こうしてから出前の本番です。
この単元のキ

ーワードはコイル、電磁石と検流計(G)です。コイルにはたくさ

んの種類があります。


写真1

 
写真2
写真2を見てください。左から順にコモンモードチ

ョークコイル(2種類)、鉄心に巻いたコイル(=

電磁石用)、並びにアンテナコイル(下)などです

。モーターのローターもコイルが巻かれています。

これらを見たらコイルだと思ってくれればいいわけ

です。私が手で巻いた電磁石用コイルと機械で巻い

たコイルを見せて、細い線を1000回程度巻くと

powerがあがることを説明しました。以前にも取り

上げた何でもスピーカーも実験で使います。
 
 今回は面白い発見をしました。いつも、ヨーグルトケース、紙ハ

コ、バケツとフライパンスピーカーの実験が終わってから、「こ

れら以外の机の上にある教材を使ってスピーカーをつくって!」

という問題をだします。そうすると、こどもたちはさっそく、ベ

ル、モーター、自作の検流計に音源をつなぎました。残念ながら

ベルはうまく音が出ませんが、モーターと検流計は音が出ます。

特に検流計から音が出たのには感激しました。
 
写真3

子供たちは既成概念が無いので、ドンドン試していきます。私はモーターから音が出るからこれに気が付くかな?と思

っていたのですが検流計は“目から鱗”でした。その自作の検流計の写真をあげておきます。30mlのプラスチック遠沈

管を切って、アクリル板に固定してあります。中央に、0.26mmφのホルマル線を6m巻いてあります。針はストローです

。下側に、ネオ磁石(大)をグルーガンでつけてあります。ネオ磁石とコイルが独立しているので、スピーカーの構造

に近く、思ったよりも大きな音がでました。子供たちに感謝です。


写真4
  その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから