三重大学伊賀研究拠点      

2017年2月16日

白米城跡で狼煙の実験

加藤 進  社会連携特任教授 
松本 薫  松阪山城会  

  

 H292169時にみだしの実験を行いました。これは発

煙筒の煙がどの程度の距離まで確認ができるのか?の情報把

握です。会員、自治会、住民協議会やマスコミの力を借りて

ほぼ10km程度との結論がでました。もちろん、この値は当日

の気象条件に左右されます。
白米城跡の位置はN34°35

37.35
E136°2716.90です。最長距離の髭山(9.9km)

南西の方角でN34°3300.67E136°2136.99です。掲

載したのは門山会員が送ってくれた赤外写真(写真1)です。

煙がはっきりと確認できます。


写真1

写真2
やや小さいですが次の写真2は松阪城の天守跡(7km)

す。また、かつて五輪山城跡(4.1km)があったといわれ

る場所からは併用した白旗の確認もできます(西出会員

提供)。

ちょっとカシミール3Dで髭山~白米城跡の断面をみると図1の通りになり、見通しがあることが計算で証明されます。

今回は嬉野側からの視認は難しいと思っていましたが、薬王寺付近(約2km)から確認されたようです。携帯から転送さ

れた写真を載せておきます。このように多くの方々の支援を得て貴重なデータが集まりました


さらに、白米城がまじかの阿坂地区ではかなり話題になり、何とか観光の一助に資することを祈っております。


 図1 髭山~白米城への断面図

 

なお、この実験では、白旗も実験に採用しました。煙はたなびき、方向で見難くなります。しかし、7kmまでは白旗の

ほうが明瞭に視認できたようです。これは思わぬ成果でした。現在でも、皆さんの回りに「旗振り山」などの地名が残

っていませんか?

 

薬王寺側からの確認写真

  その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから