三重大学伊賀研究拠点      

2017年2月26日

山城にネームプレートを

加藤 進 社会連携特任教授

松阪山城会(松本会長、西出会員、山本会員)


 最近、山城ブームで土日を問わずに、山城を訪れる人々

が増えています。少しでもお役に立つために、木製のネー

ムプレート(写真1)を作り、代表的な松阪の城跡に設置

しております。226日(日)は脇谷城跡、泉が久保城跡

と坂内城跡にネームプレートを持っていきました。好転に

恵まれて山頂でも暑い日でした。どの山城も獣害防止で金

網が張られていて、中に入るのが一苦労です。

写真1
 
写真2
まずは、脇谷城跡です。主郭と思われる箇所につけました

。脇谷城跡はやや小ぶりですが、堀切がきれいに残ってお

ります。尾根続きで、泉が久保城跡に向かいます。規模的

には泉が久保>脇谷の感じです。主郭に相当する部分には


盗掘の跡なのか烽火台跡を思わせる直径2mほどのくぼみが

あります。途中に三角点があり、この近くにプレートをつ

けました。泉が久保城跡の堀切は幅が広く、規模も大きな

堀切です(写真2)。
 
 

大河内城跡の大堀切よりも幅が広い感じがします。けれど

も全く関連する文献は無く、城主の名前すらわかりません

。坂内城跡は、単郭の小さな城跡ですが、国司北畠氏の要

の山城のひとつです。地域の人々の努力で登山道はよく整

備されています。しかし、今回は早春とはいえ、道に落ち

葉がたくさん落ちており、道がわからなくなっていました

。枯葉には相当注意が必要です。4月の第二土曜日が、坂

内城跡の整備の日で、都合がつけば今年も参加したいと思

っています。

 
写真3
その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから