三重大学伊賀研究拠点      

2017年3月3日

第10回バイオマスセミナー開催される

     加藤 進    社会連携特任教授
紀平 征希   研究員  

 平成2933日に伊賀研究拠点にて見出しのセミナーが開催

されました。好天に恵まれて33名の参加がありました。今回は

10
回目ということで内容も少しずつ変化してきました。基調講演

I)は信濃大町から傘木宏夫氏に小水力発電の解説をお願いし

ました。設置に関する書類上の規制(河川法、電気事業法)は緩

和されたが、それよりもはじめに小水力発電ありきよりも、①ど

のような目的で小水力発電を行い、②何に電力を利用するのか?

が一番重要とのことでした。この二つを真摯に検討しないで施設

を作っても、数回稼働して終了という例がかなりあるとのことで

した。また、本当に環境にやさしいのか?も常に問うことが必要

とのことでした。

NPO地域づくり工房 代表理事  傘木宏夫氏
 
三重大学大学院 生物資源学研究科 粟冠真紀子博士
基調講演(II)は生物資源学部の粟冠真紀子博士に「

微生物による水素ガス発酵」という演題で水素ガス

をバイオテクノロジーで得る技術について解説して

いただきました。土壌から微生物を集めて、スクリ

ーニングし、有望な菌を集めて集積培養する苦労談

も聴かせていただきました。
 
 報告では、小林美木氏(上野都市ガス㈱、こども大学でもおな

じみです)に「定置用燃料電池システムについて」という演題で

家庭用燃料電池のイ・ロ・ハを教えていただきました。燃料電池

で利用される貴金属には限りがあり、Pt, PdRh等の元素は偏

在するので、これを使わないで触媒効果を出す研究がすすめられ

ていることが私にとっては新鮮な部分でした。現在の調子で普及

していくと近い将来価格は更に下がるとのことでした。
 
上野都市ガス㈱ 小林 美木氏

多分、このページを見ながら、簡単なミニ発電所を考えている方もお見と思います。しかし、注意してください。私

たち素人が扱えるのはバッテリーの容量ならば5AHr程度(あるいは負荷との接続部分がワニグチクリップでも可能な場

合)です。私の友人が40AHrの中古バッテリーを入手、ソーラーパネルで充電、テレビをつける所まで完成しましたが

、あるときリード線が発熱し、あわや火事になるところでした。なお、H27年度から、バイオマスセミナーの他にもH29

年度も現地セミナーを10月に開催予定です。このページでお知らせしますのでご参加ください。

その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから